カテゴリ:予防接種について( 3 )

就学前の三種混合追加接種の推奨(百日咳)


f0165294_14041977.png



百日咳とは(クリック→)⭐︎
宮崎県感染症情報センター(クリック→)⭐︎

●重症化リスクの高い乳児期早期の百日せき患者はほとんど減っていない

百日咳は四種混合ワクチンで予防します。生後3か月から開始し、生後5か月には、多くが初回の3回接種を完了しています。その結果、生後6-11カ月の百日せき患者はこの10年で減少しています。

しかし、生後5か月までの新生児・乳児の患者報告数はわずかな減少となっています。5か月までの感染予防は、本人への予防接種以上に両親や兄弟がうつさないことが重要となります。

●就学前の免疫力が低下、学齢期の百日せきが増加

百日せきは、学齢期(5-9歳、10-14歳)の患者割合が増加しています。百日せきに対する免疫力は、初回3回と1歳の追加接種で上昇しますが、その後低下し、56歳では30%以下となります。

学齢期には、抗体保有率が上昇しますが、これは自然感染によるものと考えられます。最近では、小中学校や大学での集団感染がおこり、しばしば地域的な流行があります。地域の流行が未接種の乳児の感染につながれば、命に関わる重大な問題です。

WHOの百日咳ワクチン専門家会議は、初回免疫3回と1歳代で追加免疫をおこない、さらに就学前の追加接種を推奨しています。





by itijitukai | 2018-08-08 09:00 | 予防接種について | Comments(0)

  『H26年度インフルエンザ予防接種について』

 
f0165294_033979.jpg

   
★幼稚園・保育園など集団生活をしている幼児、小学生はできるだけ
         うけましょう。
★完全予約制、かかりつけの方のみ受付ます。


 ・予約方法    ー 受付窓口(52-8181)へお電話下さい。
           お伝えしたい事、確認事項等があります。

 ・当院接種対象者 ー 6ヶ月〜中学生までの方

 ・接種回数    ー 生後6ヶ月〜12歳まで『2回接種』
      13歳以上『1回接種』ご希望にて2回接種可


   ※ 例年お子様の予防接種予約が入りにくい状況にあります。 他院で1回目を接種されて2回目のみご希望のお子様や高校生以上の予防接種は大変申し訳ありませんがお断りしております。何卒ご了承ください。
by itijitukai | 2014-10-18 23:50 | 予防接種について | Comments(0)

乳幼児ロタウイルス胃腸炎予防ワクチン(ロタリックス)について

平成23年11月21日より接種が可能になりました。(任意接種です)

◎ロタリックス内溶液はロタウイルス胃腸炎を予防する飲むタイプの生ワクチンです。(他のウイルスに起因する胃腸炎を予防する事はできません)

生後6週〜24週に2回接種します。(2回目の接種は、1回目から4週間以上あけてください)

◎このワクチンを接種する事で、1歳になるまでの重症ロタウイルス胃腸炎に対する優れた予防効果が認められています。

ロタウイルス胃腸炎とは
子どもの下痢やそれに伴う嘔吐がおこるVPDです。「嘔吐下痢症」とも呼ばれますが、正式には胃腸炎です。その原因のほとんどがウイルスなので、「ウイルス性胃腸炎」と呼ばれます。

胃腸炎の原因になるウイルスはたくさんありますが、一番重症になりやすいのがロタウイルスによる胃腸炎です。この病気にかかると水のような下痢が何回も続き、それに嘔吐が伴うと体から水分と塩分がなくなり、いわゆる脱水症になります。脱水症にはならない場合でも、たいへんつらいものです。下痢便の色が白くなることも多いので「白色便性下痢症」、冬に多いので「冬期下痢症」と呼ばれたこともあります。ただし、ほかのウイルスでも同じような症状がおこることがあります。また、このロタウイルスは下痢だけでなく、繰り返すけいれんや脳炎(毎年約40人)など重い合併症もおこします。

ロタウイルスには多くの種類(型)があり、5歳頃までに少なくとも1回以上はかかりますが、その後も何回かかかることがあります。ただし2回以上かかると重症化する可能性は低くなります。そのためにワクチンも2回以上接種します。
感染力が強く、保育所などでもあっという間に流行します。手洗いなども大切ですが、完全に伝染を抑えることはできません。根本的な治療法がないために、ワクチンによる予防が重要です。


脱水症がひどくなると、点滴や入院が必要になります。点滴や入院をしても、重症で死亡することもあります。脱水の重さには関係なく、けいれんが何回もおこったり、後遺症も多い脳炎(毎年約40人)などの多くの合併症が起こったりして、これにより死亡することもあります。
by itijitukai | 2011-11-22 11:37 | 予防接種について | Comments(0)